pretty girl

キレイに脱毛

脱毛の仕組みについて

leg

レーザー脱毛は脱毛したい部分にレーザーの光を当てる事によって脱毛する方法です。脱毛したい部分に光を当てるだけであるので、それまでの脱毛方法と比べると短時間で処理が出来るようになりました。ただ、光を当てるだけでどうして脱毛できるのか、そんな光が肌に当たったら問題が無いのか、そんなレーザー脱毛の疑問について説明をします。 光と一言で言っても波長の違いによって様々な性質の違いが生じます。例えば、紫外線は肌に有害で目に見えませんが、光には目に見える可視光もあります。これは波長の違いによるもので、レーザー脱毛は毛に含まれているメラニンという物質が反応するように波長が調整されています。反応して熱を発生して、その熱で脱毛するのです。そのために周囲の肌に光が当たっても基本的には問題もないようになっています。

痛いのが苦手なら

レーザー脱毛は強力なエネルギーの光を用いるために、フラッシュ脱毛よりも効果が高く、照射する必要がある回数も少なくて済むというメリットがあります。その一方で出力が高いために脱毛する際の痛みが強いという欠点も挙げられます。そのために、痛いのが苦手という人の中は、脱毛しようとする際にレーザー脱毛を受けるのを躊躇う人もいます。 レーザー脱毛はクリニックで処置するために、医療行為に当たる麻酔行為を行う事が出来る場合が多いです。だからこそ痛いのが苦手という場合には、追加料金が必要となる場合が多いですが、麻酔を行う事で痛みを避ける事も可能です。 痛いのが嫌でレーザー脱毛を避けている人も、痛みがほとんど無くレーザー脱毛を受ける方法はあるのです。